5G Web・IT ライフハック

5Gについて分かりやすく教えます。

更新日:

タピオカくん
5Gについて何か知ってる?
ヘラヘラくん
なんかすごいんやろ?
チンパンジーの群れ
多分ソレナーwww

5Gはあと数年後の話ではありません、明日、明後日のお話です。

次の未来は6Gになります。

これからのビジネスにおいて、5Gについて知っているか否かで、今後を見据えた企画、開発ができればあなたの収益にも大きな変化を齎すはずです。

タピオカ少女Pちゃん
「まぁもう、今頃知る時点で遅いんやけどなー」

5Gとは

5Gは、「5Generation(ファイブジェネレーション)」の略です。

第5世代という意味です。

携帯電話の通信回線の、第5世代という表現に当たります。

5Gに辿り着くまでの歴史

1G(1980年代〜)

「携帯電話」という画期的なアイテムが、ここで初めて生まれました。

これが1Gの誕生であり、初めて外で電話ができるようになります。

「携帯電話」幕開けの時代ということです。

もう彼此約30年経過しているという事になります。

2G(1990年代〜)

2Gでは、電話の音質の向上と、
ここで遂に「メール」が打てるようになります。

この時の私たち人類は、みんな思っていただろう。

もうここが携帯電話の最終地点だと。

外で電話ができ、メールが打てる。

もう十分すぎるではないか。

しかし、人類の進化は止まりません。

3G(2001年代〜)

この辺りから、Gという言葉を耳にするようになります。

3Gという言葉が、世間に広まり始めた時期です。

3G時代は、当時の「iモード(ドコモ)」や「ezweb(au)」といった、情報のプラットフォームが誕生し、情報の検索ができるようになりました。

そして、画像などの画としてのコンテンツも普及、画像やGIF、動画などが表示できるようになりました。

パソコンでしか使えなかったインターネットが、携帯電話でも使えるようになったのです。

ただ、できることが増えたのですが、回線の遅さが目立ちます。

全ての画像が読み込まれるまで、1ページ表示されるまで、読み込みの時間が、とにかく長かったのがいい思い出です。

そして、パケ放題的な契約をしていないのに、掲示板から音楽をダウンロードしたり、おもしろ画像探しまくったり、エロ動画の見過ぎで、とんでもない使用料の金額が請求(10万超)がきて、親に怒られた自慢をしている、中学の同級生いませんでしたか。

4G(2012年代〜)

そして3G時代の、これらのデータ通信量の問題を、全て解決してくれたのが「4G」です。

ちなみに、この3Gと4Gの間で既に発売されていたのが、SoftBankから登場したiPhone3Gです。

4Gの時代に入る前から、次の回線の受け入れる準備をしていたのです。

まだ3Gの時代にも関わらず、もう既にデバイス側で環境を整えていたということです。

スマートフォンという、携帯型のPCを生み出したApple創設者の「スティーブジョブス」そして、そのデバイスが、日本でも流行ると真っ先に目をつけ先行販売に取り組んだ「孫正義」。

やはりこの人たちの着眼点は、只者ではないということです。

とてつもなく先の未来を、今私たちがこうしてスマートフォンを当たり前のように所持している現在を、10年以上も前から見越し、企画、開発を試み行動に移していたということです。

 

私はー、俺はー、

「全然ガラケーでいいし〜、ガラケーでよくね〜?」

とか言っていた、考えの曲がったゴキブリたちは、今一体どこへ行ってしまったのでしょうか?

結局みんな、スマートフォンが便利という結論に至り、あの奇妙なゴキブリたちは、もう絶滅してしまいましたよね。

今となっては、スマホで動画を見たり、ゲームをしたり、便利なアプリを使いこなすのが当たり前の時代となりました。

5G(2020年代〜)

3Gの時代は、携帯電話はこれが最終形態だと思っていませんでしたか?

4Gでここまで動画やゲーム、アプリなどの、リッチコンテンツを扱い、膨大なデータの通信が、当たり前のように行われるこの状況を、予想できた人は一体どれぐらい居たのだろうか。

つまり、この4G→5Gという変化も、

「もう4Gで十分すぎる」

「もうこれで完成系じゃね?」

と思っているそこのあなた、恐らくここ数年でまたしても、とんでもない進化を起こし、新たな5G時代に突入するということを、理解しておいたほうがいいかもしれません。

 

5Gを先に理解しておく事で、スタートダッシュ

ここまでしっかり読み進めた人は、

「じゃあ実際に5Gになると、何ができるの?」

という疑問が、湧いていると思います。

 

この5Gで出来ることを、しっかり想像できているか否かで、間違いなく今後の人生が変わります。

現に今のスマホが、これだけすごい発展を遂げる事をしっかり想像出来て、それを元に行動を移せていた人は、一体どれだけ稼いでいたと思いますか。

どれだけ豊かな生活を送っていると思いますか。

あの時私たちが、携帯電話で満足しボケーッと人生を送っている間に、彼らは次のステップに一足早く足を踏み込んでいるのです。

4Gを生かしてどういうことをすれば流行るかな?

どんなアプリを開発すれば、便利かな?

という疑問とめちゃくちゃ早い段階から戦い、しっかり考え研究し、生きて来た訳です。

ちゃんとあの時考えれた人間が、仕事で大出世し、ビジネスを当て、大成功を収めてきたということです。

なので、次の未来がある程度見えていれば、次の成功を掴めるのは、あなたかもしれません。

間違いなく、知っていて損はありません。

 

5Gで実際何が変わるのか

5G革命で大きく変わる点は3つです。

  • 高速大容量通信
  • 超信頼、低遅延
  • 多数同時接続

高速大容量通信

文字通り「高速大容量通信」とは、今までよりもさらに膨大な容量の通信を、更に高速で行えます。

超信頼、超低遅延

「超信頼、超低遅延」というこの言葉だけだと少し、分かりにくいので噛み砕きます。

4Gでも通信は、十分速く殆ど遅れは無かったと思いますが、5Gからはその「殆ど」という言葉が「絶対」に変わります。

(超)信頼できて、(超)僅かな遅延しかしないということです。

この僅かな遅延というのは、もう人間には分からないレベルの遅延です。

例えば、17時に記事をアップするという予定が組まれていたとします。

そこでもし「底遅延」が発生した場合、その記事は「17時0.01秒」に記事がアップされることになります。

というレベルの超極僅かな遅延です。

つまり、超底遅延の遅刻とは、人間界で言えばそれは別に遅刻していない、というレベルのお話です。

 

多数同時接続

多数同時接続は、例えば1つのWi-fiルーターから、同時に何人も接続しようとすると、繋がりにくい時があると思います。

他にもマンションの回線だと、ゴールデンタイムにマンションの住人が、皆同じ時間帯に同時に接続することになってしまうことが多く、ネットが繋がりにくい時間帯があると思います。

災害の時もみんなが同時に緊急用のページに一斉アクセスし、なかなか通信が繋がらず、連絡が取れない状況が想像できます。

 

これらの多数同時接続は、5Gになると全く問題なく接続できるようになります。

どれだけ大勢の人が、同時に接続しようとも、問題なく通常通り高速通信が可能ということです。

 

 

どうして今までやってこなかったの?

なんとも偶然にも実は、この「(数字G)」の技術解明には、約10年ごとに進化し導入されている傾向があります。

こんな便利な事をどうして今までやってこなかったのか、と問われると、シンプルにまだ技術が追いついていなかったということです。

決して出し惜しみしていた訳ではなく、10年経ってようやく技術が成熟し切るのです。

やっとこさ、何人もの偉い人たちが、こうすれば出来るという最先端の技術を見つけだし、開発したということになります。

つまりこの傾向から察するに、次の新しい技術を開発するには、約10年はかかるということです。

あと数年で5Gの足りていない部分が、徐々に明確化されていきます。

その情報を元に、10年後の2030年には、6Gという新たな技術が解明され、より優れた技術革新が起こり、時代は進化していくのだと予想できます。

ちなみにですが、日本では2020年に5Gの導入が見込まれていますが、「アメリカ」と「韓国」では「2019年の4月3日」に、もう既に1部の都市で5Gが実装されています。

なんでも、アメリカと韓国の大手企業が、どうしても「世界初の5G」、「世界初ですよ!」と言いたい拘りを強く持ち、熾烈な争いを重ね、色々と無理をしながら、先行導入したそうだ。

当然、無理をしているので、5Gの全ての技術が使われている訳ではなく、「一部のエリアで、一部のレベル」までしか使えていないという状況です。

今後、徐々にエリアを広げ、パーフェクトな5Gの形に近づけていく予定です。

 

しかし、我ら日本は全く焦る必要はありません。

なぜなら、今までの技術革新は、

  • 「もっと音質を上げたい」
  • 「もっと動画が見れるようになりたい」

などの問題解決を目的とした、1on1の形で立ちふさがる壁をぶち破るフェーズでした。

しかし、4Gになった今、通信に関しては殆どの人は満足していないだろうか。

実は、4G回線は通信の問題に関してはほぼ解決しきっている為、問題解決というフェーズではなく、5Gでは新たな技術を先に得て、それをどう扱い、どういう便利な物を形にするか、こういった新たな企画を考えるフェーズへ突入しています。

5Gという技術は開発したが、この5Gという新たなパワーを使い、何を作ろう、どういったサービスを提しよう、というのはこれからなのだ。

5G回線の技術を利用したい資本のある企業、利用するにあたって画期的な企画、提案、プラットフォーム、アイデアを出せる人が続々と出てこないといけないのである。

 

それでは5Gで何ができるか「現段階」で想定されていることをこちらの記事でご紹介します。

5Gで実際何ができるのか 【5Gについてその2】

最近多く読まれている記事

1

  TwitterやLINE、Youtube、TikTokのコメント欄など、 SNSでこんな事を書いている方々を見たことはないだろうか? 目次1 SNSに現れる「え、まって」を使う女たち2 ...

2

皆さんは「いい意味で」という魔法の言葉を聞いたことはないだろうか。 「いい意味で」と付ければ、そのあとに続く言葉は、悪い意味の言葉も、柔らかい表現に聞こえる魔法の言葉です。 ですが、本当にそうだろうか ...

3

人間の三大欲求の一つ、性の話ですが、読者の方は変わった性癖をお持ちだろうか。 そんな性癖に纏わる話で、すぐに人の性癖暴露してしまう、頭のおかしい人いませんか。 そんな"頭チンパン"な人についてのお話で ...

4

あ、ちなみにめちゃくちゃ私の偏見です。 10選とか、めちゃくちゃ悪意のあるタイトルです。 意外と長くなるので、特徴だけを知りたい方は、目次だけ見てください。 目次1 チンパンとは2 チンパンな人は後先 ...

5

  私が5ch(元2ch)のスレタイでクスッと来たスレタイの一つです。 日本人と肌感が明らかに違うから、何となく見たらすぐに分かるだろ。 っていう感じが割と好きで、改めて「あっこいつインド人 ...

-5G, Web・IT, ライフハック

Copyright© 個人的ブログ(Freez) , 2019 All Rights Reserved.